北ア・白馬岳 2017.08/27~29

まずはアサギマダラのこんな写真はいかがですか。 出だしは、こんなにいい天気です。初日の白馬大池山荘周辺のお花畑です。翌日も白馬山頂を越えて白馬山荘に入ります。 白馬山荘では、展望レストランでのんびりとお茶タイムを楽しんで、こんな夕焼けも堪能できます。 ピラミッドのような剱岳が印象的です。ですがこの後、急激に天候が悪化して、翌朝から風雨が強まるとの予報が出されて、悩ませてくれます。後半の予報が厳しいので、予定変更して大雪渓を下山することに変更です。三山縦走と鑓温泉には未練はありますが、安全第一です。 大雪渓の途中のお花畑には、季節外れのウルップソウが咲いていました。ラッキーです。 稜線の風も安曇野側に下れば収まり、雨も止んできます。稜線の西と東、上と下では劇的に天候が変わります。 さすが、花の百名山の白馬岳です。多くの花に出会うことができました。

残念な劔岳 2017.08/21〜24

21日は、室堂の室堂山荘に前泊。結局、この日が一番良い天気でした。出かける前の週間予報では、天候は一旦回復するはずでしたが。雨も上がって入るので山荘の周りを散策、ついでに玉殿の岩屋まで足を伸ばしました。映画「点の記」で夏八木勲さんが演じる行者が篭っていた岩屋ですね。岩屋まで行く道の周りは結構お花畑になっていてきれいでした。中でもダイモンジソウの白い花びらとおしべの赤が印象的だったので載せてみました。 翌日の22日も雨模様ながら、行動できる天候なので23日以降の天候回復に期待をかけて剣山荘に向かいます。 八ツ峰の末端のマイナーピークが特徴的な姿を見せています。青い屋根は文登研ですね。途中も結構お花畑が広がっています。 22日はそれほどでもなかった雨ですが、どんどん天候は悪くなり、天気予報も時間とともに悪化するばかりです。  23日は朝から本降りの雨で停滞としました。雨の山荘生活で、本も読み飽きたので「点の記」のDVDを見ることにしました。改めてじっくりとみて見ると、映画館で見た時とはまた違った面白さがありました。中々良くできた映画でした。  翌日も天候の回復は望めないので泣く泣く下山としました。結構風があって、雨も降るし、視界もない中の下山でした。今年の夏は中々天候に恵まれなくて、ストレスの溜まる夏です。 それでも夏らしい高山植物は堪能できました。

毎月歩く高尾山8月 2017.08/18

今月の「毎月歩く高尾山」は、8月14日に予定していたのですが、色々ありまして中止となってしまいました。ちょっと残念なので、日を改めて18日に一人で来てみました。この時期のお目当はキツネノカミソリです。いつものように日影沢沿いに咲いています。オレンジ色の花は緑に映えてとても印象的です。このキツネノカミソリ、見た目はユリの仲間かと思いきや、ヒガンバナ科。あの真っ赤なインパクトのある花を咲かすヒガンバナ(曼珠沙華)と同じ仲間なんですね。ヒガンバナは花が咲いてから葉が出てくるのに対して、このキツネノカミソリはまず葉がでて、その葉が枯れてから花が出てくるそうです。面白い。ちなみにヒガンバナは、外来種で日本の固有種ではないそうです。 この時期、春ほどではないのですが高尾山は花がたくさん咲いています。以下、花ギャラリーをごらんください。写真をクリックすると説明も出ます。

〒110-0002
東京都台東区上野桜木1-10-22-406

 

TEL:03-3823-7243
FAX:03-3823-7246
携帯:090-5495-9462