越後湯沢・方丈山 2017.10/31

昨日までの雨も上がり、湯沢パークスキー場の上のある“方丈山”を登りに行った。越後湯沢も紅葉が進んで、ちょうど見頃を迎えています。天気も良くて、気の合う仲間と登るのは気持ちがいいもんです。 コースは、ブナの木コースから上がって、三本松コースを下る周回コースです。  スタートは、ゲレンデの初心者コースになるのかなという幅の広い林道を上がり、途中から沢沿いの道が続きます。こんな紅葉の樹林の中ののんびりした道です。が、沢から離れ尾根コースになると一転、急登が続きます。鉄砲登りです。ロープなどにつかまりながら頑張るとひょっこり山頂に飛び出します。三等三角点もあって、360°の展望です。 山麓に向かって、紅葉真っ盛りです。 大源太山から荒沢山、足拍子山など大展望が楽しめます。谷川本峰方向は、少し雲がかかって残念! 下山の三本松コースは、出だしが高度感のあるザラザラした裸尾根です。それを過ぎれば、樹林帯の楽しい尾根です。山頂付近から登山道沿いはイワウチワの葉が続いています。花の季節のには見事なお花畑が楽しめそうです。最後は、湯沢パークのゲレンデを適当に下れば出発点の駐車場です。 下山後、夕日に輝く方丈山を撮って見ました。結構カッコ良い山でした。 余談ですが、この「方丈山」の山名の由来です。山麓の中里に『瑞祥庵』という曹洞宗の古刹があります。このお寺の開祖の方丈様が、この山の山頂で座禅を組んで修行されたということからそう呼ばれているとのことです。お寺の正式名称も『方丈山 瑞祥庵』です。  このお寺、仁王尊でも有名らしい。作者は石川雲蝶という人で、なんでも「日本のミケランジェロ」とか「東洋の

足尾山地・石裂山 2017.10/26

山は「石裂山」ですが、スタートは加蘇山神社からです。「尾鑿山」とも書かれている資料も少しあるようですが。結構、岩々した山です。神社の左の道を沢沿に登っていきます。 やがて、竜ヶ滝の東屋です。昔、雨乞いの場所だったとか。ちょっとシャッター速度を落として撮って見ました。  分岐は、左を行きます。時計回りの周回コースです。分岐を過ぎてさらに沢沿いの道を行くと、沢の中に大きなカツラの木が立っています。栃木名木百選の“千本カツラ” です。 中宮の先は、行者返しの岩場です。ハシゴと、結構長い鎖場が続きます。よく見れば、足場もしっかりしているし、問題はないでしょう。 奥宮は、長い背後の先の岩屋の中でしたが、時間も押して来たので、パスして先へ進みました。東剣ノ峰、西剣ノ峰あたりに来ると、石裂山の頂上も望めます。 しかし、山頂へ上がる前にコルに下ります。そこにも長い梯子の下りが待っています。 山頂からは、日光方面の展望が楽しめます。 これは、月山からの展望です。下山は少し遅くなって、最後はヘッドランプのお世話となりましたが、少しドキドキできたし、変化もあって900mにも満たない低山とは思えない楽しい山でした。  下山後、少し時間があったので古峰神社に立ち寄りました。天狗の御朱印で有名な神社です。本殿屋根は茅葺で、天狗の神社らしい飾りが屋根についていました。

前日光・紅葉の井戸湿原 2017.10/18

“前日光”ってどこだろうと思いますよね。調べて見たら、日光市南部から鹿沼市北西部、足尾町東部を含む足尾山地北部を、前日光と呼ぶらしい。ちなみに、華厳の滝より上流を奥日光、下流を表日光、奥鬼怒あたりを裏日光とされています。奥、表、裏は、日光国立公園に、前日光は県立自然公園に指定されています。 スカッとした晴れとはいきませんでしたが、鹿沼駅、新鹿沼駅で合流して、車で前日光牧場に向かいます。横根山は、登山口からゆったりと登って30分ほど、樹林の中のこんもりとしたピークです。東屋があって休憩には丁度いい。さらに下って行けば井戸湿原へ出ます。井戸湿原には霧も流れて、中々いい感じです。五段の滝から周回コースで井戸湿原を歩きます。  白樺の白い幹とドウダンツツジの紅葉が綺麗です。 落ち葉になっても、紅葉は美しい。 <地形図>『2.5万図』=「古峰ヶ原」

北八ヶ岳・白駒池 2017.10/10

今回のお目当は、白駒池周辺を彩る紅葉です。連休は昨日で終わり、ということで混雑も収まったと計画したのですが、結構の人出です。麦草峠周辺の駐車場は満杯で、前後の道路も大渋滞です。何とか峠の少し手前に駐車スペースを見つけることができて出発です。  出発に戸惑ったので高見石はカット、麦草ヒュッテ経由で白駒池に向かいます。紅葉は少し後半ですが、美しい紅葉をのんびりと楽しむことができました。麦草峠の駐車場のツアーのバスからツアー客が大勢歩いて来ます。こんなに人気とは!  それも白駒池に行けば頷けます。とっても綺麗です。 真っ青な秋空が、水面に映って絶景です。もちろん紅葉もいうことありません。 充分に白駒池の紅葉を堪能した後は、麦草ヒュッテでのんびりとお茶して締めです。参加された皆さんからは、来年も来たいとのリクエストもいただきました。来年は、麦草ヒュッテに泊まって早朝の静かな紅葉を楽しむプランも浮上しました。ぜひ、実現したい。

〒110-0002
東京都台東区上野桜木1-10-22-406

 

TEL:03-3823-7243
FAX:03-3823-7246
携帯:090-5495-9462