沼津アルプス 2018.02/27

久しぶりの沼津アルプスです。コースは、多比口ルートから多比峠に登り、大平山を往復。徳倉山まで北上する計画です。下山後は、せっかくですので沼津港で美味しいお寿司を食べるというお負け付きです。 大平山の三角点です。よく見ると、少し違和感があります。普段見慣れている字体とも違いませんか。何よりも三角点の文字の上にあるはずの一等とか二等などの等級が入っていません。 *後ほど調べて見たら、中部地方建設局の三角点であるらしい。今は無き建設省の地方出先機関ですね。設置の経緯まではわかりませんでした。 沼津アルプスの最高の鷲頭山(最高峰といっても392mですが)の山頂広場にはたわわに実ったみかんの木が立っています。お社にもちゃんとお供えされています。 沼津アルプスの最大の売りは、海を間近に見ながら山歩きができることではないでしょうか。これは志下山からの眺望です。眼下に見えるのは、静浦漁港でしょう。気持ちのいい景色です。  このあと順調に北上し、徳倉山から香貫台に下山。沼津港でやっと見つけたお寿司屋さんで美味しいお寿司を堪能して、沼津アルプス縦走を締めることが出来ました。  この沼津アルプス、標高は低いのですが、結構のアップダウンやら急登、ちょっとした岩場があったりして、アルプスの名に恥じない充実した縦走が味わえます。  最後に、縦走中には期待した富士山の展望が楽しめなかったので、三島駅からの富士山を載せて見ました。 <地図> 山と高原地図:「伊豆」 2.5万図:「韮崎」 <行程> 多比口 08:40 → 多比峠 09:40 → 大平山 10:05 → 鷲頭山 11:20 → 徳倉山

ダイアモンド富士 at 塔ノ岳 2018.02/23~24

この時期、丹沢・塔ノ岳の山頂からダイアモンド富士がみれるという。以前に行った時はヤビツ峠から表尾根ルートで行ったのですが、その際は残念な天候でした。今回は、再チャレンジです。天気予報は期待を持たせるものです。ルートは、せっかくですから鍋割山荘の鍋焼きうどんを味わってから塔ノ岳を目指します。中々、おいしい鍋焼きうどんです。金曜ですが、人気です。 塔ノ岳山頂にある尊仏山荘も、ダイアモンド富士狙いの人たちで結構賑わっています。一人プロのカメラマンや、同業者のガイドも来ています。  天気予報では、晴れとなっていたのですが、夕方になると次第にガスが湧いてきています。何となく諦め気味で、お酒など飲んでいると次第に雲が割れてきて、これはいけるかもと外に出ます。みるみる雲が割れて、富士山の頭が見えてきました。 見事にダイアモンド富士です。富士山頂に沈む太陽が、とても美しい。毎年でもきてみたい。翌朝は、綺麗な日の出と、赤く染まる富士山が楽しめました。山頂に小屋があるのは、とっても贅沢な楽しみが待っています。

ゲレンデスキーを楽しむ会 in ニセコ 2018.02.18~21

出発前の羽田からです。丹沢山塊の上に富士山が綺麗に見えていました。今年のニセコはどんなコンデションでしょうか。今年は、ヒラフに宿が取れたので、ニセコのど真ん中で楽しめそうです。 飛行機の窓からも、山岳展望が楽しめました。南アルプス、白峰三山でしょうか。 今年のニセコのコンデションはマズマズでした。ニセコって外国?感は、ますます進んでいます。新しいホテルもいくつか建設中です。リフトも新しくなったりと一人勝ち状態です。 最後に、駐車場からの羊蹄山です。

一人で高尾山 2018.02/17

またまた、大好きな高尾山です。先日は、お仕事でしたが、今日はプライベートです。6号路入口のお地蔵様の赤い帽子が中々可愛い。 琵琶滝コースから3号路を歩いてみました。ドングリの実から根が出て、発芽寸前、まだ帽子をつけているのがユーモラスです。 これはドングリの若葉でしょうか。 冬枯れの残り花も中々です。

毎月歩く高尾山-2月 2018.02/15

2月の「毎月歩く高尾山」は、稲荷山コースからです。皆さんと集合する前にちょっと時間があったので、高尾山口駅のそばにある氷川神社に行ってみました。説明板によれば勧請は、応永年間(1,394~1,427)となっている。室町時代、足利幕府の時代です。随分と歴史のある神社です。 山頂では、富士山の展望を楽しんで、お茶タイムも楽しみました。下山途中では、早くも春の息吹でしょうか。ドングリの実から目が出そうになっていました。

かたしな高原スキー場 2018.02/12

急遽、追加の日帰りスキー教室です。プラーベートレッスンということになります。でも今回はSさんのお孫さんも参加です。とっても活発な小学生です。スキーも飲み込みが早い。

表丹沢・大山 2018.02/07

久しぶりの大山登山です。冬の澄んだ大気の中で、富士山の展望を楽しみたいし、うまくすればプチ雪山気分も味わいたいので、計画しました。そんなわけで、願ったり叶ったりの大山登山です。 スタートは伊勢原駅から大山ケーブル駅までバスです。懐かしく思えるほど、久しぶりです。文明の利器はどんどん使います。ケーブルカーも新しい車両になっています。  阿夫利神社からは、表参道を行きます。いきなりの雪道で早速、アイゼンのお世話になります。トップの富士山の写真は、表参道の途中からの展望です。山頂の大山神社も雪の中です。 下山の登山道は雷ノ峰尾根から阿夫利神社に戻るコースです。ご覧の通りのたっぷりとした雪道です。下山した大山ケーブルの駅では、懐かしい知人に出会ってご挨拶。その方は、歩いて下山するとのことでしたが、僕らは大山ケーブルで下山です。途中下車して、大山寺にも参拝し、またケーブルです。  大山といえば、お豆腐料理で有名です。「大山豆腐」というのも近所のお店で売っていました。最近は見当たりませんが。ということで、表参道のお店に入って、お豆腐料理を味って帰りました。 ← | → 「南ア前衛・守屋山」2018.01/25

〒110-0002
東京都台東区上野桜木1-10-22-406

 

TEL:03-3823-7243
FAX:03-3823-7246
携帯:090-5495-9462