すみれ探索 高尾山 2018.03/30

春爛漫の高尾山です。高尾山が最も輝く季節の到来です。今年は花が早いので、すみれ探索に来てみました。 ヒナスミレ マルバスミレ タチツボスミレ エイザンスミレ ナガバノスミレサイシン

毎月歩く高尾山-3月 2018.03/26

今月の毎月歩く高尾山のお目当は、小下沢林道のザリクボのハナネコノメです。高尾駅北口から小仏行きのバスに乗ります。日影バス停からJR中央本線をくぐり、中央高速をくぐると、小下沢林道です。入り口には木下沢梅林があります。ちょうど見頃です。紅白の梅が満開でとっても美しい。 お目当のハナネコノメは、木下沢林道の奥、景信山へ向かうザリクボ沿いにいまが盛りと咲いています。花の時期が短いのでラッキーです。 ハナネコノメは、ザリクボの下部にしか咲いていません。お目当が見れたということで、Kさんの要望で、コチャルメルソウを探しに行くことに方向転換です。要するに景信山には登らず、日影沢に向かいます。この時期の木下沢には、多くの花が咲いています。タカオスミレの群生地もあるのですが、さすがにまだ咲いていません。その代わり、ニリンソウやナガバノスミレサイシン、エイザンスミレが盛んに咲いています。エイザンスミレの写真を載せてみました。 小下沢の入り口では、木下沢梅林の満開の梅を堪能してから、日影沢に向かいます。ニリンソウの盛りにはまだ少し早いのですが、今年は花が早い。お目当のコチャルメルソウは、日影林道のいつもの場所にたっぷりと咲いていました。 今日は、結構たっぷりと歩きました。なかなかの距離でしたが、Kさんお元気です。下山後は、高橋屋で美味しいお蕎麦を堪能して解散です。蛇足ですが、この辺りのお蕎麦屋さんの中でこの高橋屋のお蕎麦が一番美味しい!僕の個人的感想です。

神田川沿いでお花見 2018.03/25

陽気に誘われて、ちょっとお散歩です。人だかりに誘われて、バスを降りると神田川沿いに桜が満開です。結構な人出です。こんなところに、桜の名所があったんですね。

花溢れる三毳山 2018.03/23

毎年来てもいいかなと思うほどのカタクリの大群落でした。 当初は岩舟駅からタクシーで行こうと考えていたのですが、なんと駅前のタクシーに断られたというか、相手にもしてくれません。そんなことってあるのでしょうか。ということで歩くことにしました。でもこれが大正解でした。  道端のオオイヌノフグリやホトケノザなどの野の花たちが目を楽しませてくれます。 中でもホトケノザの大群落は見事です。 このピンクの絨毯、全部ホトケノザです。これからの三毳山への期待も膨らみます。ルートみかも公園の東口から、カタクリ周遊の道を中岳に向かいます。この周遊コースのカタクリがトップの写真です。ピンクの絨毯という表現がそのまま当てはまる見事さです。そこでたっぷりカタクリを堪能し、中岳から北上します。まず目指すは青竜ヶ岳とも言われる三毳山の山頂です。その途中でも結構花は咲いています。これはホテイランです。 三毳山からさらに北上すると、本日二つ目のお目当、佐野市の万葉自然カタクリの里と名付けられた群生地です。こちらは、先の岩舟の群生地をも凌駕する見事な群生地です。アヅマイチゲと混成していたり、見ごたえ抜群です。 白いカタクリも発見です。 最後にもう一度、佐野のカタクリの群生をどうぞ!

小倉山と雛祭り

これは、下山後の甘草屋敷の雛祭りです。 これだけ、並ぶと絢爛豪華、見事としか言いようがありません。もちろん、この前に小倉山登ってきました。富士山は霞んであまり見えませんでしたが、登山口付近に広がる群生地のザゼンソウは、ちょうど見頃でしょうか。たくさん咲いていました。 赤茶色の仏炎苞に包まれた黄色い花序をそうの座禅する姿に見立ていて、ダルマソウの別名もあるという。 下山後は、甘草屋敷でのお雛祭りです。こんな江戸時代の古い内裏雛もありました。亨保年間のものということで、いつ頃かと調べたら8代将軍徳川吉宗の時代です。テレビドラマでは、暴れん坊将軍の頃ということでしょうか。

ゲレンデスキーを楽しむ会 in 蔵王温泉 2018.03/07~09

3月のスキー教室は、恒例の蔵王温泉スキー場です。ゲレンデも広くて素晴らしいし、宿は、お湯も料理も、部屋も良くて言うことなしです。天候は、最終日は雨気味でしたが、2日間は思う存分滑ることができました。特に初日は、蔵王ロープウェイの山頂駅の展望台からの素晴らしい山岳展望も楽しむことができました。お地蔵さんも胸まですっかり雪の中で雪の量もたっぷりです。 以下は、山頂駅の屋上の展望台からの山岳展望です。まずは、飯豊連峰です。 次は、朝日連峰です。文字通り朝日に輝く美しい山稜です。 最後は、月山です。見事に真っ白で、本当に美しい。

〒110-0002
東京都台東区上野桜木1-10-22-406

 

TEL:03-3823-7243
FAX:03-3823-7246
携帯:090-5495-9462