Blog『ちょっと山でも登りませんか?』

March 26, 2018

文責:

 今月の毎月歩く高尾山のお目当は、小下沢林道のザリクボのハナネコノメです。高尾駅北口から小仏行きのバスに乗ります。日影バス停からJR中央本線をくぐり、中央高速をくぐると、小下沢林道です。入り口には木下沢梅林があります。ちょうど見頃です。紅白の梅が満開でとっても美しい。

  お目当のハナネコノメは、木下沢林道の奥、景信山へ向かうザリクボ沿いにいまが盛りと咲いています。花の時期が短いのでラッキーです。

  ハナネコノメは、ザリクボの下部にしか咲いていません。お目当が見れたということで、Kさんの要望で、コチャルメルソウを探しに行くことに方向転...

March 23, 2018

文責:

 毎年来てもいいかなと思うほどのカタクリの大群落でした。

  当初は岩舟駅からタクシーで行こうと考えていたのですが、なんと駅前のタクシーに断られたというか、相手にもしてくれません。そんなことってあるのでしょうか。ということで歩くことにしました。でもこれが大正解でした。
 道端のオオイヌノフグリやホトケノザなどの野の花たちが目を楽しませてくれます。

 中でもホトケノザの大群落は見事です。

 このピンクの絨毯、全部ホトケノザです。これからの三毳山への期待も膨らみます。ルートみかも公園の東口から、カタクリ周遊の道を中岳に向かいます。この周遊コー...

March 13, 2018

文責:

 これは、下山後の甘草屋敷の雛祭りです。 これだけ、並ぶと絢爛豪華、見事としか言いようがありません。もちろん、この前に小倉山登ってきました。富士山は霞んであまり見えませんでしたが、登山口付近に広がる群生地のザゼンソウは、ちょうど見頃でしょうか。たくさん咲いていました。

  赤茶色の仏炎苞に包まれた黄色い花序をそうの座禅する姿に見立ていて、ダルマソウの別名もあるという。

  下山後は、甘草屋敷でのお雛祭りです。こんな江戸時代の古い内裏雛もありました。亨保年間のものということで、いつ頃かと調べたら8代将軍徳川吉宗の時代です。テレビドラマでは...

February 26, 2018

文責:

 久しぶりの沼津アルプスです。コースは、多比口ルートから多比峠に登り、大平山を往復。徳倉山まで北上する計画です。下山後は、せっかくですので沼津港で美味しいお寿司を食べるというお負け付きです。

 大平山の三角点です。よく見ると、少し違和感があります。普段見慣れている字体とも違いませんか。何よりも三角点の文字の上にあるはずの一等とか二等などの等級が入っていません。
*後ほど調べて見たら、中部地方建設局の三角点であるらしい。今は無き建設省の地方出先機関ですね。設置の経緯まではわかりませんでした。

 沼津アルプスの最高の鷲頭山(最高峰といっても...

February 14, 2018

文責:

 2月の「毎月歩く高尾山」は、稲荷山コースからです。皆さんと集合する前にちょっと時間があったので、高尾山口駅のそばにある氷川神社に行ってみました。説明板によれば勧請は、応永年間(1,394~1,427)となっている。室町時代、足利幕府の時代です。随分と歴史のある神社です。

 山頂では、富士山の展望を楽しんで、お茶タイムも楽しみました。下山途中では、早くも春の息吹でしょうか。ドングリの実から目が出そうになっていました。

February 7, 2018

文責:

  久しぶりの大山登山です。冬の澄んだ大気の中で、富士山の展望を楽しみたいし、うまくすればプチ雪山気分も味わいたいので、計画しました。そんなわけで、願ったり叶ったりの大山登山です。

  スタートは伊勢原駅から大山ケーブル駅までバスです。懐かしく思えるほど、久しぶりです。文明の利器はどんどん使います。ケーブルカーも新しい車両になっています。
 阿夫利神社からは、表参道を行きます。いきなりの雪道で早速、アイゼンのお世話になります。トップの富士山の写真は、表参道の途中からの展望です。山頂の大山神社も雪の中です。

 下山の登山道は雷ノ峰尾根から...

January 25, 2018

文責:

 毎年恒例の守屋山です。天候も良くて、山岳展望を楽しみました。

「表丹沢・大山」2018.02/07 ←| →「大月周辺・菊花山〜御前山」2018.01/19

January 19, 2018

文責:

  今日の陽だまりハイクは、大月駅から歩いて登れる菊花山から御前山です。登山口がちょっとわかりにくい。標高は低いけれど、結構の急登で、岩場もちっとあって、侮れない山です。山頂からは中央線絵周辺の山々の展望も楽しめて爽快です。山頂には三等三角点もあります。

「南ア前衛・守屋山」2018.01/25 ←| →「房総・御十八夜」2018.01/16

January 16, 2018

文責:

  冬は、暖かな房総で陽だまりハイクです。上総牛久駅の近くの「米沢の森」の最高地点が御十八夜です。オジュウハッチャと読みます。里山を整備して公開しています。集落のはずれの駐車場に車を停めて出発です。歩き始めてすぐの小高い丘の上、行人塚のには山桜の巨木があって、米沢の森のシンボルツリーとなっています。

 とっても 立派です。御十八夜に向かう途中で面白いものを見つけました。帰宅してから調べてみたら、ウスタビガという蛾の繭でした。

 中々、綺麗です。そっと元に戻しておきました。肝心の御十八夜、展望を期待したのですが、春のような穏やかな天候で、...

January 12, 2018

文責:

 富士山展望シリーズです。御坂山地の中で、際立ってピラミダルでとんがった姿の釈迦ヶ岳です。御坂山地越しの迫力ある富士山が楽しみです。

 当然雪もあるだろうと、“軽アイゼンも用意して” と参加要項に書いたのですが、雪は全く見当たりません。すずらん群生地から歩く予定でしたが、雪もないので、どんべい峠まで車で上がります。

  この写真は、途中の府駒山です。気持ちの良い雑木林の中をのんびりと進みます。木々の間から青空がすっきりと広がっています。

  釈迦ヶ岳のピラミッドのような姿を雑木林越しに眺めながら進みます。右肩後方には南アルプスの峰々が見え...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ