Blog『ちょっと山でも登りませんか?』

June 30, 2017

文責:

 こんなお花畑の中のキャンプ場を後にします。

 オッカケバケ岳です。真ん中の雪渓を目指して登ります。

  サルシイ岳の右には羅臼岳が頭を出しています。

 ここまで一応クマには合わなかったのですが、この先の三峰キャンプ場のすぐそばの雪渓には大きなクマの足跡がはっきりと残っていました。見てないだけで、近くには確実にいるんですね。三峰の肩のあたりでは、メアカンフスマがたくさん咲いていてラッキーです。

  羅臼岳もパスして、そのまま木下小屋へ下山。地の果てホテルは休業中とか。カムイワッカ滝付近に停めてあったレンタカーを回収してひたすら札幌に向かった...

June 29, 2017

文責:

  今年の北海道は、昨年同様トムラウシ山と羊蹄山です。その北海道シリーズ、先乗りして単独で念願の知床縦走に出かけました。もちろんお目当ては、シレトコスミレです。知床半島にのみ咲く固有種です。もっとも最近では択捉島で自生していて、ロシアで別名がつけられていることが明らかになったとか。
 出発点は、カムイワッカ滝からです。ゲートから10分ほどで硫黄岳登山口で、そこから急登が始まります。樹林帯の登りを30分ほどで展望台です。

展望台を過ぎると、オホーツクの海が眼下に広がり気持ちの良い景色です。新噴火口のある岩だらけの斜面を過ぎて沢沿いに入る...

June 23, 2017

文責:

  百沢温泉の宿は、出発点の岩木山神社の真向かいです。部屋の窓からは岩木山のどっしりした姿が迫って来ます。
神社から、30分ほどで神苑桜苑と名付けられたこんな公園に出ます。ここまで車でも来られるので登山口と言えるのでしょうか。この後も緑豊かな緩やかな道が続きます。

  じきに百沢スキー場の脇を登るようになります。初夏の花たちが咲き乱れた広々とした気持ちの良い景色です。

 スキー場を過ぎるといよいよ樹林帯の山道に入ります。 姥石を過ぎ、とりあえず焼止りの避難小屋を次の目標に登っていきます。まだ6月末でこんな雪渓も残っています。ちょっとスリ...

June 22, 2017

文責:

 このところ毎年恒例の「大人の休日倶楽部パス」を利用した東北シリーズです。今年は「安寿と厨子王」伝説の岩木山です。津軽富士の別名を持つ岩木山は、津軽平野の中に堂々とそびえています。その岩木山の固有種のミチノクコザクラをお目当てに、岩木山神社から百沢コースを登ります。
 青森駅で集合し、レンタカーで今夜の宿百沢温泉に向かいます。その前に五所川原に寄り道し、「立佞武多館」で展示されている立佞武多を見学することにしました。

 五所川原の立佞武多は、青森や弘前とは違って上に高く作られています。ビルの4階建ほどの高さで、その華やかさや迫力は素晴...

June 19, 2017

文責:

 湯の花温泉に前泊しての山歩きです。田代山は、その名の通り山頂は湿原が広がる「花の百名山」です。前日は、檜枝岐のミニ尾瀬公園散策、花三昧の2日間でした。

  田代山の山頂湿原は、ワタスゲやヒメシャクナゲ、チングルマなど山上楽園そのものでした。

 チングルマの大群生の先には、会津駒ケ岳などまだまだ雪に覆われた山々の展望が楽しめます。

それでは、前日の檜枝岐でのお花見と合わせて、花ギャラリーを以下お楽しみください。

<写真をクリックしてください>

June 15, 2017

文責:

 梅雨の中休み、といっても今年の関東地方の梅雨は雨が少ない。そんなこともあって、今年の長澤登山教室は、雨で中止がほとんどありません。そんなわけで今日の高尾山もいい天気です。
 コースは日影沢からスタートです。初夏の花たちが楽しめます。

 青空に紅葉の赤い実が、綺麗に生えています。モミジイチゴやヘビイチゴの実がなかなか綺麗です。お目当のムヨウランは出会えませんでしたが、サイハイランを見つけて少し盛り上がりました。

<出会った花たち>写真をクリックしてください。

June 8, 2017

文責:

 今日は関東百名山の古峰ヶ原です。東武鉄道の新鹿沼駅集合です。古峰神社は、帰りに寄ることとしてまずは古峰ヶ原高原(峠)に向かいます。東屋もあって、車数台は止められる広場となっています。
 早速、ゆったりとした道を進みます。緑が美しい気持ちの良いコースです。

   古峰ヶ原は、山というより高原の中の高まりといった感じで樹林帯の中にひっそりとしています。

  それでも1,378mの標高はあります。立派なもんです。三角点もあります。これだけでは物足りないので、三枚石まで足を伸ばしました。お社があって奥宮です。

 ここからは往路を戻ります。季節は...

June 6, 2017

文責:

 今日は駅からハイキングで、アヤメの群落が見られるというのがオススメのポイントです。新倉山ってどこにあるの。河口湖から三ツ峠山の木無山に向かう府戸尾根に霜山という1,300m余りのピークがあります。その霜山に向う南東の支尾根があります。その支尾根上にあるのが今日の新倉山です。ちょっと前置きが長くなりました。

  最寄駅は富士急行の下吉田駅です。線路を越えて進むと、富士浅間神社です。思ったより立派な神社です。ここから登り始めます。階段を登っていくと境内からは展望が楽しめます。残念ながら、たのしみにていた富士山の姿は雲の中ですが。

   3...

June 3, 2017

文責:

 登山口からの由布岳です。とても美しい山容です。手前のひときわそそり立つピークが東峰で、左奥のピークが西峰でしょう。そうです、由布岳は双児峰です。今日は帰京前に両方とも登ってしまおうという魂胆です。

 たどり着いたのは「マタエ」と名付けられた、西峰、東峰間のコルです付近からの西峰です。結構ミヤマキリシマが綺麗です。まずは、西峰です。西峰には三角点があって由布岳の主峰です。ただ少々岩場が待っています。ちょっと緊張するところもありますが、登ってみればそれほどでもなく登れます。西上州のちょっとした岩山の雰囲気でしょうか。ミヤマキリシマがちょ...

June 1, 2017

文責:

<5/31>☀︎〜🌂

 昨日は、霧島から大分に移動し、市内のホテル泊でした。 
 朝食後、大分空港に今日から合流するメンバーをお出迎えです。くじゅうに向け、長者原のくじゅう登山口に移動します。午後から天候が崩れる可能性があるということです。当初予定の諏蛾守越ではなく、雨ヶ池越から坊ガツルに入山することにした。

 雨ヶ池越を越えて、坊ガツルに足を踏み入れると緑豊かな風景が広がっています。もちろんミヤマキリシマのピンクと緑の草原のコントラストが美しい。

<06/01>

 今日は、九重山連山の主峰の久住山と九州本土最高峰の中岳を目指します。法華...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ