お花いっぱいの房総・津森山 2021/02/22

更新日:5月11日

この寒い冬の季節にうってつけなのが房総です。暖かさと花を求めて、今日は津森山です。うまくすると、山頂から富士山が望めるという。

津森山ハイキングの起点は、こんな良い感じの保田駅です。この保田駅から鋸南町営の循環バスで大崩まで行きます。このバス、大崩が始点・終点となっていて時計回りが青バス、反時計回りが赤バスという愛称がついています。

僕らはまず、時計回りの青バスで大崩に向かいます。可愛らしいマイクロバスです。20分ほどの乗車です。


房総、しかも大崩といえばスイセンでしょう。今年は早くも盛りを過ぎた感がありますが、それでも十分楽しめる花盛りです。

花はそれだけではなく、真っ先に目に飛び込んでくるのは、河津桜でした。




スイセンが目当てでしたが、こんなに花に溢れているのは嬉しい驚きです。

桜だけでなく梅も同時に楽しめます。







この時期としては当たり前かもしれませんが、菜の花が溢れかえっています。

菜の花の黄色が、日の光を浴びて輝いています。







石のお社と石碑が鎮座する津森山の山頂です。

房総の山々が、広がっています。

山頂からの富士山はどうでしょうか。

展望地は、山頂の少し先です。





かろうじて、写っています。

少し右寄り、山の上に微かにぼんやりと白い富士山が写っています。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示