カヤの平で紅葉に染まる! 2022/10/11~12

更新日:10月24日

<1DAY>

紅葉を求めてやってきたのは木島平村にあるカヤの平高原です。奥志賀のさらに北、標高が1,500m前後に広がる高原です。

泊まったのは、この高原の真ん中にある

カヤの平高原ロッジ。紅葉を背景になかなか素敵なロッジでした。食事も美味しかった。

ロッジの紹介はこのくらいにして、初日の今日は、紅葉をゆったりと楽しむプランにして、北ドブ湿原の周回に出かけるkとにした。







見事なツタウルシですね。今の紅葉に主役は、この様なツタウルシやヤマウルシです。














このヤマウルシも主張しています。







ウルシついでに、ヤマウルシの実です。

大豊作です。









拡大してみたらこんな姿で、殻には細かい毛が生えています。







五叉路です。標識も整備されていています。あちらこちらに引っかかりながらのんびりしすぎでしょうか?

地図のコースタイムが30分のところを1時間半も掛かっています。

でも大丈夫です!

ゆっくり紅葉を楽しみましょう。



道はこんな感じで続いています。

そんなサッサと歩けないですよ。


これは、ホウノキですね。









ユキザサの赤い実が美しい。









こんなところを歩くだけで、心がゆったりします。

いよいよ北ドブ湿原に近づいてきました。

草紅葉にシラカバ、青空が映えます。手前はニッコウキスゲの花が終わった姿です。花の季節にも来てみたい。

木道がまっすぐ伸びています。季節になれば、両側にニッコウキスゲが群生するという。



木道の側にウメバチソウが咲き残っていました。









これはサワフタギのみでしょうね。深い青が印象的です。








ウルハダカエデも少し色づいています。


透過光が綺麗です。

ムシカリでしょう。



















<2DAY>

朝のカヤの平です。雨模様です。朝モヤで煙っている様です。

朝食前にロッジの周りを散策してみました。

ツタウルシを纏った大きな木があったので撮ってみました。

2日目は、ちょっと天気がはっきりしない。ロッジの近くの「ブナ原生林教育園コース」を歩くことにしました。

コースの入り口付近のツリバナです。赤い実が印象的です。


紅葉で彩られた原生林です。道もとても歩きやすい散策路です。


雨に濡れたツタウルシでした。

ムシカリの葉の紅葉も、捨てたもんじゃない!

倒木のキノコです。食べられるのでしょうか?

こうした倒木を分解して次のサイクルに繋げる大切な役割を担っているのがキノコです。

ブナの大木ぶりが伝わっているでしょうか?

ブナの色づきはこれからです。

ツタウルシにとても惹かれます!

帰りは、志賀高原を通っていくことにしました。

途中、蓮池に寄ってみました。

池に映る紅葉も綺麗です。

睡蓮の紅葉も味わい深い。花の季節もいいのではないでしょうか。





閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示