top of page

スキーのついでに山岳展望! 2024/01/15~17

<01/15>

いつもの“ブランシュたかやま”です。今シーズンは雪不足がひどく、このブランシュもまだ全面滑走に至っていません。が、ゲレンデトップまではやっと開通しましたというヒヤヒヤの状態です。今回はスキーでなく、山岳展望祭りです。


あまりスキーには気合が入らず、初日はゆっくり出発し、霧ヶ峰で夕焼けの富士山を狙ってみました。よく晴れていますが、雪が少ない。15:40


16:48です。だいぶ赤くなってきました。左は八ヶ岳です。


16:51です。寒くてピントを合わせるのが難しい。宿の夕食もあるので、この辺りで切り上げます。寒い中での撮影は大変! プロの写真家には脱帽です。


<01/17>

16日はそんなに天気が良くなく、17日は晴れ予想なので朝一番にトップまで上がってきました。

大笹峰からの北アルプスです。いままではスマホで撮っていましたが、カメラを背負ってきました。槍穂高連峰から表銀座や裏銀座の山々が青空に映えています。


思い切り引き寄せて撮ってみました。左から奥穂高、涸沢岳、北穂、大キレット、槍ヶ岳に常念岳です。手前は大滝山から蝶ヶ岳の稜線です。


これは妙高連峰です。右が妙高山で、ひときわ白いのは火打山で、その左に力強い山襞を従えているのが高妻山です。


「スーパー地形」のパノラマ展望図を参考に山名を入れてみました。


北寄りに目を向けると、浅間連山が見えています。今年はいかに雪が少ないか。真冬とは思えない黒さです。

雪が少なくて、スキーは午前中で切り上げ帰宅します。帰宅ついでにまた霧ヶ峰に寄り道して山岳展望を楽しみました。


御嶽です。雪少ない!


乗鞍岳は白い峰でした。


最後は、富士山と鳳凰三山と南アルプスです。

朝焼けに輝く北アルプスを撮ってみたい!


閲覧数:0回0件のコメント

Comentários


bottom of page