ミツマタに溢れる鶏足山&焼森山 2021/03/24

ミツマタの大群落に埋もれてみたい!

そんなわけで、やってきました。茨城・栃木の県境にある鶏足山&焼森山です。標高こそ400m余りの里山ですが、鶏足山脈という立派な名前が付けられています。

出発は、真岡鉄道の茂木駅です。ミツマタ群生地へのシャトルバスに乗ります。

もう言葉は入りませんね。


谷全体が、ミツマタで埋め尽くされているといった光景です。写真で少しは伝わったでしょうか。カメラを構えたらいつまで経ってもキリがない!

鶏足山&焼森山は、このミツマタ群生地から登ります。

この里山、ミツマタだけではありません。結構な花の山です。登山道脇にとっても目につくのがナガハシスミレです。日本海側の山地以外でこんなに見たのは初めてです。

ナガハシスミレ/別名:テングスミレ

帰宅後、さっそくいがりまさし氏の「日本のすみれ」を開きました。「主に日本海側に分布する。太平洋側にもところところ飛んで分布する」と記されていました。なるほど!

他にも、マルバスミレや、シュンランなど春の里山気分を満喫した山行でした。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示