仙人岱〜八甲田大岳〜毛無岱 2021/08/04

2泊3日の日程で今年もやってきました。昨年は天候恵まれず登れなかった八甲田大岳ですが、今年は大丈夫です。残念なのは、五所川原の立佞武多です。当初は開催予定でしたが、コロナ感染拡大で今年も中止となってしまいました。そのゆえの2泊3日でした。

 前日までの予報では、午後から雨の予報ですがどうでしょう。コースは酸ヶ湯温泉を起点に、反時計回りの周回コースです。

イワオトギリ(岩弟切)/オトギリソウ科

 歩き出してすぐにお出迎えしてくれたのはイワオトギリの黄色い花でした。しばらく樹林帯の登りが続きます。暑さと湿気でメガネも曇ります。やがて、硫黄の匂いがしてくると湯の沢の荒々しい景色の中を登ります。

アカモノ(赤物)/別名:イワハゼ/ツツジ科

アカモノもマイヅルソウも、すっかり果実になっています。

8月になると、山は早くも秋の気配がしています。気温はまだまだ夏ですが。

マイヅルソウ(舞鶴草)の実/キジカクシ科















湯の沢から少し登ると、仙人岱の一角に入ります。

仙人岱から八甲田大岳

伸びやかな景色が広がっています。湿原はいままさにキンコウカの花盛りです。

キンコウカ(金黄花)/ノギラン科

キンコウカの黄色の花が絨毯のように広がっています。

上毛無岱・キンコウカの群生

気持ち良く広がる上毛無岱の湿原です。緑の中にキンコウカの黄色が美しい。

下毛無岱

この景色が素晴らしい。今回一番のおすすめと思いますが、いかがでしょうか。

幸い、天気予報が外れて、お目には当たらず、無事酸ヶ湯温泉に到着です。


<今回出会った花たち>


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示