原三角点コンプリート・晩秋の白鬚岩 2022/11/07

前回来たのは、2020年の11月6日です。ちょうど2年前です。その時は紅葉が真っ盛りといった印象でしたが、今年は早くも晩秋の趣です。紅葉が終わって、落葉している樹が多い。それでも、まだまだ楽しめます。

カラマツが美しい!


スタートは、こんな標識が立つ御荷鉾スパー林道脇の駐車スペースです。








尾根伝いにこんな感じの踏み跡を辿ります。特に難しいルーファンを求められることない。







途中こんな標識もぶら下がっています。

前回来た時は、こんなのあったかな!








こんな辛うじて残る紅葉を楽しみながら進みます。








山頂手前には、ちょっとした岩場が出てきます。ロープ沿いに登れば、それほど問題になるところではありません。







岩場を抜けると、目の前の小高いピークに原三角点が見えてきました。








白鬚岩の原三角点です。現存する原三角点の中で、最も最近発見されたものです。








刻印をよくみると「明治十五年十月」の文字がはっきりと読み取れます。西暦にすると1882年です。140年も前の話です。
















こちらの面には、「原三角点」と「内務省地理局」の文字が読み取れます。

これで、今年中に3ヶ所の原三角点を訪れるというミッションは完結です。

他の2ヶ所も載せましょう。

これは、先週登った雲取山山頂の原三角点です。

(2022/11/02 撮影)








これは、今年5月に登った、刈羽三山の一つ米山の山頂にある原三角点です。

(2022/05/17)






コンプリートといっても自慢するほどのことでもありませんが、小さくても一つのテーマを終わらせるのは、気持ちがいい!

自己満足ですが!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示