top of page

浅間嶺-春の兆し 2024/03/07(木)

更新日:3月30日

浅間嶺に早春の花、フクジュソウを探して歩きました。


スタートの武蔵五日市駅です。駅の正面に架けられている駅名表示の看板の文字が立派で、年季が入っています。この駅舎が新しくなる前からのものでしょうか。

バスでアプローチです。人里から登ります。




登山口は春です。梅が咲いていました。


人家の間の舗装道路を過ぎ、山道に入ると雪が出てきました。


やがて、雪道の方が主となり始めます。


人里峠の馬頭観音も雪の中です。


登るにつれて完全に雪道です。トレースはありませんが、道型はわかります。20cm程でしょうか


奥多摩方面の山々もすっかり雪山です。やや左のトンガリは大岳山でしょう。


浅間嶺からの南側の展望です。晴れていれば、富士山が見えているはずですが。残念!


北側には奥多摩の山です。真ん中のピークはカタクリで知られた御前山です。奥多摩三山の一つ。他の二つは、大岳山と三頭山ですね。


伐採地に雪がついて模様のようだったので、御前山と絡めて撮ってみました。


浅間嶺から払沢の滝入口バス停に向かってだいぶ降りた時坂集落で、お目当てのフクジュソウです。


思っていたより、かなりたくさん咲いていました。大ぶりの花がたくさん咲いていてたっぷりの春を楽しんで帰りました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page