top of page

駅からハイキング・赤ぼっこ 2020/03/18(月)

更新日:3月30日

春を求めて、奥多摩の長渕山ハイキングコースを歩いてきました。コースは日向和田駅を起点に日の出町と青梅市の境界線の尾根を歩くコースです。


日向和田の駅から和田橋を過ぎて住宅がの中を歩きます。そんな石垣の上にも春の兆しが咲いています。ホトケノザ。ヒメオドリコソウと似ています。どちらもオドリコソウ属となっています。春の七草のホトケノザ(キク科のコオニタビラコ)とは別種。


ボケは、中国大陸原産で平安時代に観賞用として渡来したと言われています。それが野生化したものがクサボケということで、同種です。いわば外来植物ですね。


登山口近くの稲荷神社です。コース入り口の目安になります。


杉林の中に、梅が立派に咲いています。まだ梅が楽しめそうです。


天狗岩からの山岳展望です。大岳山から御岳山の辺り、北西方向が展望できます。

とても良い天気ですが、風が強くて杉の林が唸っています。


今日のコースメインの赤ぼっこからの山岳展望です。赤ぼっこは開けて気持ちの良い場所ですが、なにせ今日は風がとても強くて、写真を撮るのによろけそうです。早々に退散しました。


下山口の天祖神社は、コンクリート造りであまり風情はありません。期限はとても古いとされていますが、わかりません。狛犬をアップで撮ってみました。


最後のお目当てのカタクリは、かろうじて咲いていました。咲いている場所が石垣の上で高くてよく見えません。おまけに風が強くて写真を撮るのにはとても難しい。

この後は東青梅まで歩いて解散です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page