近江・横山岳-1 2016.05/17~18

05/17/2016

<賎ヶ岳から余呉湖と横山岳を望む>

 

 お名前シリーズで、近江の花の山の横山岳へ遠征です。が、初日は宿に入るだけ。米原駅からレンタカーで向かいます。宿は、横山岳の山麓の里、杉野の「長次庵」という古民家を利用した食事のおいしい宿です。チェックインまで少し時間があるということで、古い伝説のある余呉湖と賎ヶ岳に足を伸ばしてみました。
 *余呉湖伝説:古くは、琵琶湖を大江(おえ)、余呉湖を伊香(いか)の小江と称し、天女の羽衣や龍神・菊石姫の伝説が残る神秘の湖です。別名「鏡湖」とも呼ばれます。 白鳥に姿を変えて水浴びを楽しんでいた8人の天女の姉妹のうち、伊香刀美(いかとみ)に羽衣を取られた末妹だけが天に帰れなくなり、夫婦となって2男2女をもうけたという物語です。

<賎ヶ岳から望む琵琶湖> 

 

 余呉湖から賎ヶ岳に向かい、時間もないので賎ヶ岳リフトで往復しました。それでも、リフト終点からは300mほどは登ります。賎ヶ岳は、織田信長亡き後の覇権争い、秀吉と柴田勝家の大決戦があった古戦場です。賎ヶ岳七本槍の豪傑伝説で有名ですね。山頂には二等三角点もあり、展望も最高です。

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ