北海道シリーズ後半・トムラウシ山 2016.07/05

07/06/2016

☀️
  昨日までのパットしない天候とは違って、朝から快晴です。朝食はおにぎりにしてもらって、朝は3時すぎに短縮登山口に向かいます。車の中で腹ごしらえを終え、出発は4時すこし前。ちょっと遅めながら順調に進みます。前日までの雨のせいもあって、道は結構ぬかるんでいますが、5年前ほどではありません。
 カムイ天上まで登るとしばらくはなだらかな道です。急な下りでカムイサンケナイ川に降りると雪の上の沢沿いの道です。しばらくで道標の頭がちょっと覗くコマドリ沢出会いです。ここから雪渓登りで、アイゼンを付けます。

 目にしみるような青空に向かってひたすら登ります。前トム平へ続く岩だらけの道では、ナキウサギの鋭い声が聞こえています。前トム平は広い台地上で、まだトムラウシ山の山頂は見えていません。前トム平からアップダウンを繰り返しすと1時間ほどでトムラウシ公園です。まだ結構雪が残っています。

 さらに2つほど雪渓を登ると、目の前にはお花畑が広がっています。ハクサンイチゲの白い花と緑の葉のコントラストがとても新鮮です。その中でエゾコザクラの鮮やかなピンクの花が可憐です。

   そんな花を愛でながらも、少々時間が気になります。途中追い抜かれた人たちが続々と下山していきます。しんがりを務めることになった我々が山頂に着いたのが、13時近くです。
 これで今回はヘッデン覚悟となってしまいました。幸い天候は最後まで良好でラッキーでした。

 

<トムラウシ山で出会った花たち>

Please reload

最新記事