那須・茶臼岳から三斗小屋温泉 2016.11/05~06

11/05/2016

 秋の那須連峰、山と温泉を楽しむために1泊2日の日程で計画しましたが!?
 前日の雨が山では雪になったとのことで、チョット心配でしたが、天気は青空が気持ちよく広がっています。新幹線の那須塩原駅から那須ロープウェイにはタクシーで向かいます。長澤登山教室では珍しい土日の山行です。さすが人は多い。1時間ほどで、鳥居をくぐって茶臼岳です。雪は、日陰に残っているだけで、登山道にはほとんどありません。山頂は賑わっています。雲ひとつない青空。

 山頂で休憩したら、峰の茶屋跡経由で今日の宿三斗小屋温泉に向かいます。目の前には明日登る予定の隠居倉から三本槍岳など、大展望が広がっています。気持ちよく下っていきます。

 三斗小屋温泉は、樹林に囲まれた素朴な建物です。僕らが泊るのは「煙草屋旅館」です。建物は古いのですが、中は綺麗にしていて、気持ちよく過ごせます。名物の露天風呂、夕方からは女性専用時間となるということで、その前に早速入りに行きます。宿から少し登ったところにある露天風呂は、目の前が開け、流石山から大倉山にかけての山々が見えています。この露天風呂の展望の良さはトップクラスでしょう。

 さあ明日は、隠居倉から三本槍岳だと眠りにつきます。と、明け方気がつくと、周りの樹林は風でゴーゴーと唸っています。おまけに、山の上部は時雨れてすっぽりと雲の中です。こんな強風の中とても上には行けません。ということで、沼原湿原に向かうこととします。このようなエスケープコースが取れるのは良いですね。紅葉も楽しみながら、樹林帯の中を強風にも出会わずのんびりトレッキングで最後を締めました。今度は花の季節に再訪したい。

 <山と高原地図=「那須・塩原」/2.5万図=「那須岳」「那須湯本」>

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ