九州シリーズ② 韓国岳 2017.05/29

05/30/2017

 ☀︎今日も快晴で、暑い1日でした。ホテルを後にして、大浪池登山口に向かいます。今日は月曜日なので安心していたら、登山口のたいして広くない駐車スペースは満杯です。もう少し綺麗に停めてくれたらまだまだ空きはあるのにと思ったり、マナーの問題と思ってもどうしようもありません。それでもなんとかスペースを見つけてラッキーでした。
 登山口には、若者たちの集団が次々と現れます。聞くとインターハイの宮崎県予選を実施中とのことでした。さすがに早い。さっさと登って、さっさと下って行きました。
 コースは、大浪池に向かって小一時間ほど登って、大浪池を時計回りに半周します。ずっとミヤマキリシマのトンネルです。間近に見ると、ミヤマキリシマの色、濃いピンクから少し淡い色、ちょっと紫がかったものやレンゲツツジに似たような色など結構バリエーションがあります。

 大浪池周辺登山道からの韓国山ですが、ちょっとわかりにくいのですが、山頂付近はミヤマキリシマで少しピンクになっています。 

  韓国岳からは昨日登った高千穂峰と手前には新燃岳が見えています。なかなかの絶景です。花はミヤマキリシマだけではありません。ハルリンドウやイワカガミなどが目を楽しませてくれます。

                                                   

 

紫の可愛い花は、なんだろうと調べたら「ヒメハギ」という花でした。       

 かろうじて、ホタルの光が写っています。

きょうは、そのままこのホテルに泊まって、あす30日は大分までのロングドラブです。

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ