西上州・鹿岳 2017.11/17

11/17/2017

  昨日に続いて西上州です。鹿岳です。カシューナッツのようとも言われていますが、2つの岩峰が突き出している様は、とっても個性的です。
 登山口は、民家の間を通り抜けるように始まります。稜線までは、樹林帯の急登が続きます。稜線に出ると、右に行けば鹿岳の一ノ岳、左に稜線を進めば主峰の二ノ岳です。まずはこんな木のはしごからです。

  はしごの先には、鎖場が山頂に向かっています。

 ハーネスを付けて、フェラータで安全を期します。山頂では昨日同様、気持ちの良い秋の青空が広がり、大展望が待っています。目の前の岩峰は、一ノ岳です。

 噴煙を上げる浅間山、この好天で一時白かった山肌も、雪が溶けています。

  目を転じると、妙義山のギザギザの稜線が印象的です。その後ろの白い山並みは、谷川連峰です。

  当初は、四つ又山も登る予定でした。秋の日はつるべ落とし、時間もかかっているので途中のマメガタ峠から下山です。途中の紅葉真っ盛りの中を下ります。

 <地図>
「山と高原地図」=『西上州』

 

「2万5千分図」=『荒船山』

「奥多摩むかし道の秋 」2017.11/21  ← | → 「西上州・鍬柄岳」 2017.11/16

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ