ヒメサユリの浅草岳へ 2019.06/26

06/29/2019

 上手いこと梅雨の晴れ間に当たって、素晴らしい天気、ちょっと暑いくらい天候でした。前日は、浅草山荘に前泊しましたが、食事も食べきれないほどのボリュームで、温泉もゆったりくつろげるいい宿でした。朝も早くから用意してもらえたの余裕の日程が組めました。
 当日は、ネズモチ平の駐車場まで車で移動です。そこから10分程でいよいよネズモチ平の登山口です。

 ブナ曽根尾根から登ります。ソコソコの急登もありますが、タニウツギやタチカメバソウなど、花も多く慰められます。2時間ほど登ると展望も開けてきて、目の前には守門岳の堂々とした姿が目に飛び込んできます。

  お目当のヒメサユリはなかなか出てきませんが、やっと1箇所登山道脇で発見、みんなで撮影タイムとなりました。

 やがて、前岳分岐をすぎると、雪渓が出てきてそのさきがいよいよ浅草岳です。

  山頂には結構の人たちが休んでいて、この時期の浅草岳の人気ぶりがわかります。山頂からの展望も素晴らしくみんなでしばし、山座同定を楽しみました。

 ちょっと写真が暗くなってしいましたが、 浅草岳の南側に広がる越後の山々です。肝心のヒメサユリは、今年はまだ最盛期には早く蕾が目立ちます。それでも目を楽しませてくれるには充分に咲いていました。

 下山は、前岳分岐まで戻って桜曽根尾根からの周回コースです。

  前岳分岐からの浅草岳です。

<行程>

駐車場・06:50〜ネズモチ平登山口・07:00〜前岳分岐・10:00〜浅草岳山頂・10:30〜駐車場・16:30

<アルバム>

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事