花も蝶もいっぱい!夏の池の平湿原 2022/08/08

更新日:8月25日

夏の池の平湿原です。下界は今日も猛暑ですが、さすがここは標高が2,000m以上です。

爽やかで涼しい!

湿原は、大柄なマルバダケブキが主役のように目立っています。

ワレモコウが緑の中に彩りを加えています。夏の花もたくさんありますが、多くの蝶がその花の蜜を求めて寄っていました。

一番わかりやすいところで、クジャクチョウです。もう一枚、クジャクチョウです。

きれいな蝶です。

ちょっと地味ですが、ノアザミの蜜を吸うのは「オオチャバネセセリ」。

実は、帰宅後にAmazonをポッチとして「フィールドガイド 日本のチョウ」という図鑑を手に入れました。そのページを繰りながら、このチョウかなと名前を当てはめてみました。

こちらも「オオチャバネセセリ」と判定したのですが、どうでしょう。

キオンに止まるのは「ヒメキマダラヒカゲ」でしょう。

これは、ワレモコウに羽根を休めるアキアカネ。

マルバダケブキに群がるのは、「クロヒカゲ」。一番手前のチョウです。奥のはよくわかりません。

これも「クロヒカゲ」でしょう。

こちらは、「コヒョウモン」。

上と似てますが、「ギンボシヒョウモン」て判定しました。

これもきれいです。黒にオレンジの文様が印象的です。「ベニヒカゲ」です。 ちょっとピンボケですが

この蝶はわかりませんでした。

こちらも、お手上げです。

こちらもお手上げですが、蝶ではなくて、蛾ではないかと思いました。

鏡池です。青空と雲が映って、きれいです。

今回は、蝶に焦点を当ててみました!

 

日影沢から高尾山 2022/08/09|| 大垂水峠から歩く高尾山 2022/08/03

 

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示