鎌倉五山を歩く 2021/01/22

更新日:5月11日

古都鎌倉の古刹巡りです。鎌倉五山といえば、鎌倉時代に中国の五山制度に倣って各付けされた五つの禅寺です。臨済宗ですね。花の季節や紅葉の頃は、人気のお寺ですが、この時期なら静かな境内を楽しめるとプランしました。

ルートは、円覚寺〜浄智寺〜建長寺〜寿福寺〜浄妙寺の順です。

まずスタートは円覚寺です。

北鎌倉駅からすぐです。この長い階段を登る先に山門があります。

円覚寺といえば舎利殿です。これは単なる僕の思い込みですが。

かつて、高校の歴史の教科書に載っていたので、鎌倉といえばこの舎利殿というイメージが僕の中に刷り込まれているわけです。高校を卒業して、東京に出てきてすぐに観にきた記憶があります。

ただこの日は、この写真より先には入れず、残念でした。


奥の庭には、ロウバイやマンサクも咲いていて、ホッコリしました。

ミツマタも咲いてます。いやまだ蕾か!









これは、建長寺の三門です。

建長寺では、「三門」ですが、円覚寺では、「山門」です。

どちらも「さんもん」ですが、この違いはなんでしょうか?







この建長寺の境内にある古木が、あまりにも立派です。なんという気でしょうか?

皆んなで、御朱印をもらったり、境内を散策したりとゆったりと鎌倉五山を楽しみました。壽福寺は、コロナの関係で御朱印はもらえなかったようです。最後は、浄明寺の石窯ガーデンで締めのお茶タイムでした。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示